• 2008年02月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年02月24日(日) 記事No.96
2月24日(日)

前日春一番が吹いたということだけど、
風つよい?!
寒い?!!

あまりの強風で各地で電車が止まったそんな日に、稽古でした。

「台本進んだから持っていってー」

おぉぉ、台本進んだんだ。
19ページまでだったのが23ページになりました・・・。

読み合わせしたり、基礎稽古をいろいろ。
今日は「間を詰める」というテーマで、芝居っぽい事をやりました。


そう言えば、自己紹介なぞ。

うえだかつやと申します。
MY Produce初参加にして初舞台で、自分に本当にできるのか気にしつつも、それは深く考えないようにしてます。
とりあえず鬼演出家さんの指導の通り動けるよう頑張ってます。
小劇場鑑賞が好きで、好きが高じて参加することになりました。

MY Produceは和気あいあいといった感じで、とてもアットホームで素敵です。

そんな皆さんと作り上げる「外科の佐藤さん」。
参加してる自分もまだ半分しか話を知らないので、どんな舞台になるのか楽しみでっす!
スポンサーサイト
外科の佐藤さん |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2008年02月19日(火) 記事No.95
2月17日― この日は稽古に行く前からブルーだった。

寝不足で頭が痛かったことよりも

稽古の後に仕事を入れてしまったことよりも

なによりも、R-1ぐらんぷりの決勝をリアルタイムで観れないという事実が私の心をブルー・ダーク・ブルーに染めてゆく。

そんな理由で休めるはずもなく、ようやく行き方をマスターした栄町集会所へ。

おぉ、新顔さんだ。少し心が晴れる。

まずは柔軟。久々に自分の体をいじめる。心が折れる。

さて、ミスター赤松による本日のレクチャーは‘リアクション’ 「アクション」に対しての「Re:アクション」 ちなみに、メールの返信時にタイトルに出てくる[Re:]はラテン語で[?に関して]
という意味なので、この使い方は間違い。あ、俺のウンチクを語る場じゃなかったね。

肩を叩かれることを予期せずに驚くというリアクションする

「ほら、畑中さん。リアクションしようしようと思ってたでしょ、肩叩かれるまで何も考えずに待ってて」

いえ、今日の俺が何も考えずにいられるわけがありません。要は他のこと考えてればいいんだろうと思い、ずっと

R-1誰が優勝するんだろう、芋洗坂係長が優勝したら面白いんだけどなぁ

てなことを考えながらせっせとリアクションに励んでおりました。

次回はどんなレクチャーが待ち受けているのでしょうか?楽しい気持ちで稽古に臨みたいと思います。



外科の佐藤さん |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年02月13日(水) 記事No.94
世の中の女性陣がデパ地下に殺到中と思われるこの日。

寒い寒い板橋区内の稽古場で、演出家の稽古が始まりました。
あの稽古場、寒いんだよなぁ・・・とブルーな気持ちで行ってみたら、アラ、そうでもないゎ。
ひと安心。

発声などしてみる。
早口言葉など言ってみる。
・・・一発目の「東京特許許可局」で見事につまづく。

続いて、せっかく途中まで台本があるのだからと、台本の中のシーンをやってみる。

今日のテーマは『驚く』

なかなか驚けない。
・・・色々と難しい。

ちょうど男女3人ずつだったので、いい感じにチーム分けされ動いてみる。
・・・ここでもまた難しい注文をされる。

とにかくこの稽古を通して、演出家様は何が言いたかったかというと・・・

『ぐだぐだ言わずに、オレが言ったようにやりやがれ』

ということらしい。


最後に、とりあえず、バレンタインチョコを渡した。
ポリフェノール効果は期待できるでしょうか。



                                 なつこより、愛を込めて。
外科の佐藤さん |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2008年02月11日(月) 記事No.93
こんにちは。
ホトケの演出です。

ついに「外科の佐藤さん」の稽古が始まりました。
といっても、やったのは顔合わせと読み合わせで、
2月はスロースタートという感じになりそうです。

稽古場に、見知った顔とお初な顔と顔が並びまして、
自己紹介なぞをしました。

ということで、自己紹介を。
今回、演出を仰せつかった赤松泰と申します。
MYproDuceには役者として、第3・5・7回公演に客演させて頂いた
奇数な者です。

今回も奇数だというだけの理由で、呼ばれたのでしょう。


私はニットイットという自分の団体で作・演出をしているのですが、
外部演出は初めてなので、勝手が分からず、
どこまでやっていいのかイカンのか、まだ分かりません。
フライングとか廻り舞台とかやりたいんですよ!とかMY主宰に要求したら
叶うのでしょうか?まだ分かりません。

Yさんはじめ、MY関係者の中には、
ニットイットで私の演出を受けた経験のある人もチラホラおります。
その全員が口を揃えって、
「ホトケの演出だ」と言っています。
ですから、以前のエントリーでYさんから鬼演出と書かれたのは、心外です。

ホトケの演出家が厳しいながらも愛のある演出で、
キャストの皆さんをホトケにする素敵な演技に導きたいと思います。

目指すは一つ、面白い芝居、ということで。
関係者の方々もお客様方も、お初な方もそうでない方も、
どうぞ宜しくお願い致します。

”ホトケの演出”こと赤松泰(ニットイット)
外科の佐藤さん |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2008年02月04日(月) 記事No.92
いやいや昨日の雪はすごかったですね。
すべって転んでいませんか?
すべって転びましたYですこんばんは。

前回の記事で、
「今までのMYとは打って変わるコトになるやも??知れません。」
なんてコトを書いたんですが。

それでは。
その打って変わるコトを発表しちゃったりなんかしちゃいます。

次回公演『外科の佐藤さん』
演出を、何と赤松泰氏にお願いすることになりました!!

・・・・・。
あ、「誰それ?」って思った方もいらっしゃいますよね。
そぅですよね。
赤松氏とMYの出会いはかれこれ約3年ほど前?になるのでしょうか。
第3回公演のキャスト募集でうっかり応募してしまったが最後、
以降3回も出演する羽目になった、かわいそうな青年です。
自身も「ニットイット」といぅユニットで作・演出・たまに出演もしながら
MYを陰で支えていてくれた彼が、
今回は何とMY初の外部演出といぅ大役を押し付けられたのであります!

MYファンの方なら、
「すみれちゃん」と言えば分かっていただけるのではないでしょうか?
もしくは「フロアマネージャーの斉藤」とか、「オールスターズのオーナー」とか?
なにやら察しの良い方々の中には、前回の「打って変わるコトになるやも??」発言で
この事が分かったという方もいらっしゃるとか??

まぁ。そんな赤松氏なら、
MYの色を失わずも新しいMY作品を作ってくれるのではないかと
ワタシどもも大いに期待しております。

噂では、鬼演出で灰皿が何枚あっても足りないくらい飛んでくるとか聞きますが、
役者の皆様、ぜひ乗り越えていきましょぅ!

そしてお客様。どぅぞ楽しみにしていて下さいませ。

そんな『外科の佐藤さん』。
もうすぐ稽古開始です。

外科の佐藤さん |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。